文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

Co-citation Map | MappingScience

JSTではNISTEPのサイエンスマップ調査で利用されている手法を基に、NISTEPが作成していない2010年から2015年の6年間のWeb of Science(WoS)の論文情報をもとに、共引用ベースのサイエンスマップ(サイエンスマップ2015)を作成した。

サイエンスマップとは、80年代後半から欧米中心に盛んに作られてきた「科学の地図(Map of Science)」であり、科学・技術の全体像を一目で俯瞰したり、地図上に表示される多次元の情報から新たな発見を促すものである。

We reproduces the method used in the NISTEP's science map survey, and constructed co-citation map based on the paper information of Web of Science (WoS) 2010 - 2015. This version has not been created by NISTEP.

The maps of science have been developed mainly in Europe and the United States since the late 1980's, and it can provide an overview of map with multidimensional information of science and technology.

WoS Co-citation Map: サイエンスマップ

WoS 2010-2015 Co-citation Map: サイエンスマップ2015
Period: 2010 - 2015
Dataset: Web of Science (WoS)

サンプルアプリケーション
J-GLOBAL foresight