文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

国際共同研究国数別1論文あたりの被引用回数

ここでは、共同研究、特に国際的な共同研究が進むと、1論文あたりの被引用回数にどのような変化があるかを見ることができる。 共同研究、特に国際的な共同研究が増加すると、1論文あたりの被引用回数も増加する傾向にあることがわかる。

1論文あたりの被引用回数が最も多い分野は、微生物学で参加国12カ国の時に1論文あたりの被引用回数の平均は815回をカウントする。 次に生物学・生化学で参加国30か国の時に1論文あたりの被引用回数603回、臨床医学で参加国28か国の時に1論文あたりの被引用回数586回と続く。

注)被引用回数は、2012年3月末日で集計している。

論文分野:

Get Adobe Flash player

ダウンロード

出典

Thomson Reuters "Web of Science®"を基に、JST J-GLOBAL foresightにて情報事業が集計

J-GLOBAL foresight