文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

引用文献を保有するパテントファミリーの1パテントファミリーあたりの被引用回数(前方引用)の経年変化(重点8分野別・出願人コード別)

出願人別・重点8分野別に1パテントファミリーあたりの被引用回数を示したのが、下図である。 重点8分野別に技術的価値が高いパテントファミリーを保有している出願人がどこなのかを把握することが出来る。

引用文献を保有するパテントファミリーの1パテントファミリーあたりの被引用回数の経年変化グラフ(重点8分野別・出願人コード別)

各項目を選択して「データ集計」ボタンを押してください。

重点8分野 : 
  研究区分 : 
  詳細分類項目 : 

Get Adobe Flash player

解説

1パテントファミリーあたりの被引用回数で最も高いのは、エネルギー-自然エネルギー-バイオマスエネルギーのキリンホールディングス(KYOW)、次いでエネルギー-省エネルギー/エネルギー利用技術-燃料電池の昭和シェル石油株式会社(SHEL)、ライフサイエンスーバイオインフォマティックスのMicron Technology, INC.[英語](MCRW)と続く。

関連資料

出典

Thomson Reuters "Web of Science®"、"Derwent World Patents Index®"、"Derwent Patents Citation Index®"を基に、JST J-GLOBAL foresightにて情報事業が集計

J-GLOBAL foresight