文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

お知らせ

J-STAGE SDGsライブラリの提供を開始いたしました “J-STAGE SDGs Library” now available
2018年05月10日 | トピックス
J-STAGEでは、持続可能な開発目標(SDGs※)に関する記事をご覧いただける「J-STAGE SDGsライブラリ」の提供を開始いたしました。
本ライブラリは、J-STAGEに登載されている記事で「Sustainable Development Goals」または、「持続可能な開発目標」とのキーワードが含まれているものをご紹介しています。


国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、日本におけるSDGsの達成に向けた活動に積極的に貢献いたします。

※持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省 Webサイトより)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

J-STAGE SDGs* Library” provides articles about “Sustainable Development Goals”.
This library has articles in J-STAGE containing key phrase “Sustainable Development Goals”.


Japan Science and Technology Agency (JST) plays a part in the activities to achieve the SDGs in Japan.

*What’s SDGs?
The 2030 Agenda for Sustainable Development (the 2030 Agenda) is a set of international development goals from 2016 to 2030, which was adopted by the UN Sustainable Development Summit held in September 2015 building on the success of Millennium Development Goals.
The 2030 Agenda listed “Sustainable Development Goals” consisting of 17 goals and 169 targets in order to eradicate poverty and realize a sustainable world. SDGs are universal goals applicable, not only to developing countries but also developed countries, and pledge “No One is Left Behind” through the implementation process.
Japan welcomes the historic adoption of the 2030 Agenda as a country which has consistently contributed to the formulation and negotiations of the Agenda, and will make utmost efforts to implement it with international community based on the concept of human security and the Development Cooperation Charter.  (MOFA website)