日中・中日機械翻訳実用化プロジェクト
概要 概要

今後、世界の科学技術の中で日本発・中国発の研究成果の重要性はますます高まることが予想されます。

本プロジェクトでは、日本で2006~2010年度に行われた振興調整費の研究成果をもとに、2013~2017年度の5年間で、科学技術論文や資料の翻訳を対象に、実用に資する両国語間の機械翻訳システムを構築します。

実施に当たっては、中国側機関と協力・作業を分担し、開発のスピードを高めます。

協力関係 協力関係

日本側の研究は、京都大学黒橋研究室を中心に用例ベース機械翻訳を使って実施しております。

また、中国側は、科学技術部の関連機関である科学技術情報研究所(ISTIC)を中心に、ハルビン工業大学 中国科学院自動化研究所、北京交通大学との共同研究を実施中です。 (2014~2015)

進捗・成果 進捗・成果

日本側代表機関科学技術振興機構(JST)と中国側代表機関科学技術情報研究所(ISTIC)との間で、MOU(協力に関する覚書)を締結しました。(2013/10/10)

  • 松江にて、第1回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2013/10/23)
  • 北京にて、第2回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2014/3/26)
  • 中国側のISTICも、正式に共同研究を開始いたしました。(2014~)
  • 京都にて、第3回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2014/9/16,17)
  • 東京にて、第1回WAT(アジア言語機械翻訳ワークショップ)を開催しました。(2014/10/4)
  • 西安で行われた第5回CJK会議にて、進捗を報告しました。(2014/11/10)
  • 北京にて、第4回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2015/3/30,31)
  • 北京にて、第5回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2015/7/23,24,25)
  • 京都にて、第2回WATを開催しました。(2015/10/16)
    詳細は右のHPまで
    WATWAT
    *京都大学のページに飛びます
    来年度もWATを行いますので、引き続き宜しくお願いします。
  • 青森にて、第6回実用化プロジェクトワークショップを開催しました。(2015/10/21)
お知らせ お知らせ

振興調整費の成果である日英コーパス、日中コーパスについて、研究目的に限り研究者の方に無償で貸与しております。希望される方は以下のページをご参照下さい。

ASPACASPEC
*京都大学のページに飛びます
お問い合わせお問い合わせ

本プロジェクトに関するお問い合わせは、科学技術振興機構 情報企画部

システム高度化G Mail; aspec-at-jst.go.jpまで (-at-の部分を@に替えて下さい。)