文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

JST、高精度な日中・中日機械翻訳システムの提供を開始
2018年05月11日 |

JST(科学技術振興機構)は、5月8日より、400万件以上の中国語・日本語の対訳コーパスと、ニューラルネットワークを用いた高精度な日中・中日機械翻訳システムの提供を開始した。

 

このシステムは、近年急増している中国語の科学技術論文や特許をも対象とする高精度な機械翻訳で、開発で定めた評価基準の翻訳率(ほとんどの重要情報(75%以上)が含まれる翻訳文の割合)97%を記録し、実用に供するレベルに達したという。

 

JST情報企画部の中澤敏明研究員、京都大学大学院情報学研究科の黒橋禎夫教授らが開発した。

 

日中・中日機械翻訳システムのホームページはこちら

 

[ニュースソース]

高精度な日中・中日機械翻訳システムの提供を開始~科学技術論文において実用に供する翻訳率を達成~ ― JST 2018/05/08