文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

SNSF、スイスの学術出版物のOA割合が世界最高になったと発表
2018年08月10日 | ヨーロッパ

スイス国立科学財団(Swiss National Science Foundation、SNSF)は、7月31日、世界平均は30%だが、スイスは39%を占め、スイスの学術出版物のOA(オープンアクセス)割合が世界最高になったと発表した。

 

スイス国内で生産された学術出版物(2009~2016年)は全部で22万,416件。そのうちの8万6,030件(39%)がOAジャーナルもしくはOAプラットフォームで公開された。OAの種類別では、グリーンOA が28.5%、ゴールドOA が10.6%となっている。

 

ちなみに、クロアチア、エストニアが37%超、英国と米国が 36.1%。以上の数値は、欧州委員会(EC)が、2009~2016年のScopusのデータを用いて分析した"Trends for open access to publications"(出版物のOAの動向)に基づくもの。

 

※以上、EC (accessed 2018-08-08)

 

SNSFは、同機関が助成する研究からの出版物を、2020年までに100%OA化することを目標にしている。

 

[ニュースソース]

Open access to scientific works: Switzerland has the top spot ― SNSF 2018/07/31 (accessed 2018-08-07)

 

[小欄関連記事]

2018年04月13日 SNSFによるOA化率100%への移行。その財政ロードマップ、予算検討は十分か(記事紹介)