文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

2018年のSSRNでは、ブロックチェーンと仮想通貨のトピックが急伸(記事紹介)
2019年01月15日 | ヨーロッパ

​CISIONは、12月18日、"Elsevier's SSRN 2018 Research Year in Review: Blockchain and Bitcoin Fastest Growing Research Topics, Outstripping Big Data and Fake News"(試訳:Elsevier社のSSRNの2018年を振り返る:ブロックチェーンとビットコインが急伸、ビックデータとフェイクニュースを上回る)と題する記事を掲載した。

 

本記事は、Elsevier社の学術研究オープンアクセスリポジトリSSRNにおける論文トピックのトレンドを紹介したもの。多くがビットコイン、ブロックチェーン、仮想通貨に関するトピックで、過去2年間で50万件以上のダウンロードを記録したという。

 

そのほか、フィンテック関連の43%(全1,468件)が北米の研究者から、仮想通貨関連の45%(全653件)が欧州の研究者からアップロードされたもので、アジアが後れをとっていることなどが示されている。

 

[ニュースソース]

Elsevier's SSRN 2018 Research Year in Review: Blockchain and Bitcoin Fastest Growing Research Topics, Outstripping Big Data and Fake News ― CISION 2018/12/18 (accessed 2019-01-08)

 

[小欄関連記事]

2018年07月04日 SSRN、"Preprints with The Lancet"を開始