文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

市民権を得た化学分野のプレプリントサーバー(記事紹介)
2019年02月05日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

米国化学会(American Chemical Society、ACS)が運営するニュースサイトChemical & Engineering News (C&EN)は、1月19日、"Chemistry preprints pick up steam"(試訳:化学分野のプレプリント、順調な滑り出し)と題する記事を掲載した。

 

本記事は、アイデアの出し抜きに対する懸念、化学分野には不必要など、開設前の研究者の意見に反して、化学分野のプレプリントサーバーへの投稿が増加していると紹介。2017年に開設したACSのChemRxiv、Elsevier社のChemRNという2つのプレプリントサーバーへの投稿が約1年半で2,300件に達したという。

 

プレプリントに投稿することで発表年月日を確定できる、Twitterなどを通じて注目される、出版社からジャーナルへの掲載依頼がくるなど、研究者が語った利点なども紹介している。

 

[ニュースソース]

Chemistry preprints pick up steam – C&EN 2019/01/19 (accessed 2019-01-31)

 

 [小欄関連記事]

2017年08月22日 化学のプレプリントサーバーChemRxiv β版、公開