文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

OA先駆者が語る、eLife誌の沿革とPlan Sの影響
2019年03月01日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

Nature誌は、2月22日、"Open-access pioneer Randy Schekman on Plan S and disrupting scientific publishing"と題する記事を公開した。本記事は、2012年にオープンアクセス(OA)誌eLifeを立ち上げた、ノーベル賞受賞者Randy Schekman氏へのインタビューをまとめたもの。

 

記事の前半は、共同査読(collaborative peer review)のような革新的なアプローチを取り入れたeLife誌の概要や変遷、長短所などを紹介。後半は、Plan Sについて考察する。Plan Sを支持するとしながらも、APC(論文出版費用)に上限を課す上で適正額を明らかにすることの必要性、学術出版ビジネスに及ぼす影響の大きさなどを語っている。

 

[ニュースソース]

Open-access pioneer Randy Schekman on Plan S and disrupting scientific publishing ― Nature 2019/02/22 (accessed 2019-02-27)

 

[小欄関連記事]

2013年12月11日   ノーベル医学生理学賞受賞者Randy Schekman氏、Nature誌・Cell誌・Science誌と決別

2013年10月08日 "eLife"初代編集長、ノーベル医学生理学賞を受賞

2011年07月13日 米独英: 大手3研究助成機関が来夏発刊するOA誌、編集長決定