文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

ルール変更がなされない限り、Plan Sへの対応は無理。Springer Nature社など、有名購読ジャーナル出版社の主張(記事紹介)
2019年03月01日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

Nature誌は、2月26日、"High-profile subscription journals critique Plan S"(試訳:注目度の高い購読型ジャーナルがPlan Sを批評)と題する記事を掲載した。

 

Plan Sへの移行期間が短すぎること。社内の編集者が論文内容のチェックだけでなくニュースやオピニオン記事を作成し、ジャーナルのレベルの高さを保っている。そんな編集者のコストをAPCだけでは賄えないこと。"read & publish"のような契約モデルを2024年以降も許容すべきなど、本記事は、Springer Nature社や米国科学振興協会(AAAS)といった有名ジャーナルを発行する大手出版社が示したPlan Sへの懸念や不満を紹介している。

 

出版社らの主張に反論する、欧州委員会のOA(オープンアクセス)担当でありPlan S の立案者Robert-Jan Smit氏のコメントも示している。

 

[ニュースソース]

High-profile subscription journals critique Plan S ― Nature 2019/02/26 (accessed 2019-02-27)

 

[小欄関連記事]

2019年02月21日  Plan Sについて口を濁す大手出版社たち(記事紹介)

2019年02月15日  Plan Sガイダンスへのフィードバックのテーマまとめ(記事紹介)