文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

消費者データプライバシーに関する米国各州法法案の状況
2019年06月14日 | 北米・中南米,ヨーロッパ
NCSL(National Conference of State Legislatures)は、6月7日、消費者データプライバシーに関する米国各州法法案の状況を集成した"Consumer Data Privacy Legislation"を公開した。

本記事は、2018年に、EUではGeneral Data Protection Regulation (GDPR)が施行され、また米国のカリフォルニア州ではCalifornia Consumer Privacy Act of 2018 (CCPA)が成立するなど、データプライバシーに関する法律制定の口火を切った事例を紹介したうえで、2019年に米国の24州およびプエルトリコで提出された法案の名称、進捗状況、概要のリストを示している。


[ニュースソース]

Consumer Data Privacy Legislation ― NCSL 2019/06/11 (accessed 2019-06-11)

 

[小欄関連記事]

2018年07月26日 米国カリフォルニア版GDPR "The California Consumer Privacy Act of 2018"の概要と影響(記事紹介

 

2018年07月17日 国立国会図書館、GDPRに関する小特集を『外国の立法』に掲載