文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

SPARC、大手教育系出版社の合併に反対する文書を米司法省に提出
2019年08月22日 | 北米・中南米

SPARC(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)は、8月14日、大手教育系出版社Cengage社とMcGraw-Hill Education社の合併に反対する文書を米司法省に提出したと発表した。

 

両社の合併により大学教科書市場の45%を占めることになり、現在約40%の市場規模を持つPearson社と合わせると、2大出版社による寡占が強まると指摘。教材の価格高騰を招くだけでなく、教材のデジタル化が進むことで学生の学習データまでも出版社が独占する可能性があるとしている。

 

この合併に対しては、U.S.PIRGなど他団体も反対を表明している。

 

Opposing the Merger Between Cengage and McGraw-Hill Education (pdf: 全49ページ)

※以上、SPARC (accessed 2019-08-15)

 

[ニュースソース]

SPARC Urges Department of Justice to Block Merger Between Cengage and McGraw-Hill ― SPARC 2019/08/14 (accessed 2019-08-15)

 

[小欄関連記事]

2019年04月15日 SPARC、"SPARC Landscape Analysis"を公表