文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

インド初のプレプリントサーバー“IndiaRxiv”が始動
2019年08月20日 | アジア・オセアニア

Open Access India※とCOS(Center for Open Science)は、8月14日、インド初となるプレプリントサーバーIndiaRxivを8月15日から公開すると発表した。

 

国内の研究所・大学の研究成果を共有できることで共同研究の促進、さらには成果のショーケースとしての役割も果たすとしている。政府系シンクタンクNITI Aayogの公表した"Strategy for New India@75"では、2022年までに国内の5つの科学研究機関が世界トップ100に入る目標を掲げている。

 

IndiaRxiv はCOSの旗艦プラットフォームOSF上に構築される26番目のコミュニティーとなった。

 

※インドにおけるオープンアクセス推進を目的として2011年に設立されたコミュニティー

 

[ニュースソース]

Center for Open Science and IndiaRxiv Launch Branded Preprint Service ― COS 2019/08/14 (accessed 2019-08-16)

 

[小欄関連記事]

2019年04月18日 インド、初のプレプリントサーバーIndiaRxivを立ち上げ。投稿受付は4月末を予定(記事紹介)

 

2019年03月22日 WIPO、2018年の知的財産サービスにおける国別申請数を発表

 

2018年01月12日 インドネシアのプレプリントサーバー"INA-Rxiv"が始動