文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

トムソン、剽窃検知開始へ

トムソン・ロイター科学部門は、剽窃検知ツール“iThenticate”をオンラインワークフローシステムManuscript Centralの投稿・査読プロセスに組み入れると発表した。

CrossRefも学術コンテントの独創性を検証するサービス“CrossCheck”の試行に成功しており、本年6月よりManuscript Centralを通じて立ち上げ、200超の学協会・出版社、2,400の書籍・ジャーナル、月間7万件の投稿、500万人の登録ユーザーの使用に供する。

Manuscript CentralがiThenticateを組み入れたことにより、CrossCheck加入ジャーナルと出版社は、査読・受諾フローの任意の時点にiThenticateへ投稿できるようになる。

[ニュースソース]
THE SCIENTIFIC BUSINESS OF THOMSON REUTERS TO OFFER PLAGIARISM DETECTION SERVICE VIA MANUSCRIPT CENTRAL IN CONJUNCTION WITH CROSSCHECK
The Scientific Business of Thomson Reuters Adopts Plagiarism Detection Tool

[関連サイト]
CrossRef、剽窃検知サービスを6月に開始