文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

京大、21世紀COEプログラム「論文数・被引用数の分野ごとの分布状況」を発表

京都大学はこのたび、21世紀Center of Excellence(COE)プログラムの成果「論文数・被引用数の分野ごとの分布状況」(PDF25ページ)を発表した。

同プログラムによる8分野(①生命科学、②情報・電気・電子、③化学・材料、④人文科学、⑤社会科学、⑥医学系、⑦機械・土木・建築・その他工学、⑧数学・物理学)の研究における年間研究者あたりの論文数、1論文あたりの被引用数の分布、COE採択前後、各5年間の上記分布比較を示したもの。CEO前に比しCEO後には5分野が質量ともに卓越した成果を示した。

なお、分析にはElsevierのSciVerse Scopusが活用された。

21世紀COEプログラム(リンク):京都大学文部科学省日本学術振興会

[ニュースソース]
Elsevier's SciVerse Scopus Data Plays Key Role in Kyoto University's large Scale Analyses of Japanese Research Output – Elsevier 2012/3/5