文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

東北大における研究不正疑惑の予後(nature記事紹介)

Natureが3月14日付記事"Japan fails to settle university dispute"で、先に「東北大、研究公正に係る調査報告書を公表」で紹介した論文二重投稿問題が未だ収束していない様子を報じている。

同記事は、総長への辞任要求が続いたこと、トップによる疑惑の検証方法について疑問を残したこと、総長の研究に対し1997~2007年に21億円を助成した科学技術振興機構(JST)も御園生誠氏(日本化学連合会長)を調査チーム長として実施した調査の結果を発表したこと、御園生氏は「研究行為は、日本学術会議などの独立機関が責任をもって監督するべきだ」としていることなどを紹介している。

[ニュースソース]
上述
[関連記事]
日本の研究機関の問題点‐東北大学の不正調査とその失敗 – 科学ニュースの森 2012/3/16
[補足]
本件に係るJST/東北大学の関連サイトを以下に挙げる。
●井上過冷金属プロジェクト研究成果確認調査チーム(事務局:JST)
井上過冷金属プロジェクト研究成果確認調査報告書 (PDF9ページ) (2012/1/18) 
●東北大学
井上総長の研究不正疑惑の解消を要望する会(フォーラム)(~2012/3/11)