文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

米国: 公的助成研究成果のOA化に向けた署名活動、ホワイトハウスの"We The People"で展開中(訂正・補足)

昨日紹介した標記の署名活動に関する小欄記事につき、一部を訂正し補足する。

(訂正)
最終段落に「嘆願書を掲載したのは、Panton Principlesの共著者でOpen Knowledge Foundation元諮問委員のJohn Wilbanks氏」と記したが、掲載は単独ではなく、American University Washington College of Law教授Michael Carroll氏、米国SPARC事務局長Heather Joseph氏、米国ロックフェラー大学出版局事務局長Mike Rossner氏などのオープンアクセス(OA)推進者と連携したようだ(典拠:About The Campaign – ACCESS2RESEARCH)。

(補足)
署名は、13歳以上なら米国民以外でもできるようだ(典拠:US petition could tip the scales in favour of open access publishing – the guardian 2012/5/22 最終段落参照)

多くの関連団体が嘆願書に署名するよう呼びかけている。そのいくつかの例を紹介する(順不同)。

★ACCESS2RESEARCH
Sign The Petition - Repost
★PLoS
Tell the White House to Expand Open Access to Federally Funded Research
★Alliance for Taxpayer Access
Sign the White House Petition on Open Access to Research Today! 
★学術出版学術資源連合(SPARC)
SPARC Video: Sign White House Petition
★Creative Commons
Sign the U.S. Petition to Support Public Access to Publicly Funded Scientific Research
★米国大学・研究図書館協会(ACRL)
ACRL Urges Librarians to Sign Research Access Petition – Library Journal

現時点(日本時間23日13時20分)の署名数は10,323(22日確認後21時間で+4,348)。

[ニュースソース]
上述
[関連記事]
公的助成研究のOA化を求めるオンライン請願書が"We the People"に公開、署名受付け中(米国) - NDL Current Awareness 2012/5/22