文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

英国政府、大学でのOA化に1,000万ポンド投入へ
2012年09月10日 | その他

英国政府は、Finchレポートに基づく公的研究成果のGoldオープンアクセス(OA)化に向け、決める政治を実施した。ビジネス・イノベーション省(BIS)の国務大臣(大学・科学)David Willetts氏は9月7日、大学におけるOA化への移行促進のため、助成金1,000万ポンド(12.5億円相当)を投じると発表した。

助成対象となるのは、既に英国研究会議(RCUK)やイングランド高等教育基金協議会(Higher Education Funding Council for England、HEFCE)から研究助成金を受給している30の研究集約的大学で、上乗せ受給となる。大学は今後、論文掲載料(APC)関連の方針を策定し、そのための基金を創設する。

RCUKHEFCEは各々9月7日、政府方針を歓迎すると表明した。

一方、「政府方針は目先は良くとも長期的には疑問」とする声が早くもあがっている。

[ニュースソース]
上述

[関連記事]
U.K. Devotes £10 Million to Open Access Shift – ScienceInsider 2012/9/7
UK government re-allocates £10 million of science budget to push for open access – nature news blog 2012/9/7
UK government earmarks £10m for open access publishing – The guardian 2012/9/7
Government funding for gold Open Access: a quick fix for a bigger problem? – Libfocus 2012/9/8