文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

研究失敗事例の公表が重要なわけ(インタビュー記事紹介)

所期の成果が得られなかった研究(negative results、以下NR)を公表する意義について、スイスのペインクリニック院長でJournal of Negative Results in BioMedicine(JNRMB)の編集委員でもあるDr Haiko SprottがBioMed Centralのインタビューに応えた。

(Q&A概要)
●NRの公表はなぜ重要か - 他の研究者が今後の研究のために学ぶべきものがある。
●NRの公表はどのように科学界のためになるのか - 例えば、有効性のない某治療法について多くの医者が知ることができるので、ムダな治療をしなくて済む。
●研究者がNRを公表したがらないのはなぜか - 公表する意義を認識していないこと、学術誌編集者も然り。
(以下省略) 

[ニュースソース]
Why publish your negative results? – BioMed Central blog 2012/8/28
[関連記事]
2012年3月1日(木曜日) 常識を覆す失敗研究ジャーナル(Science記事紹介)