文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

トムソン・ロイター、DORAを受けIFについて弁明 

トムソン・ロイターはこのたび、インパクトファクター(IF)の排斥を目指す「サンフランシスコ研究評価宣言」(San Francisco Declaration on Research Assessment、DORA)(小欄記事)を受け、「それだけで研究者の専門分野における貢献度を完全に把握できるメトリックスはない。業績評価は様々な形で検討するべきだ。DORAは、ジャーナルIFの計算方法にふれずに使われ方のみを指摘している」として、IFの意義を弁明する声明"THOMSON REUTERS STATEMENT REGARDING THE SAN FRANCISCO DECLARATION ON RESEARCH ASSESSMENT"を発表した。

DORAは2012年12月、米国細胞生物学会(American Society for Cell Biology、ASCB)の年次会合で起草され13年5月16日にオンライン公表された宣言。Science誌をはじめとする学術誌、学会、米ハワード・ヒューズ医学研究所(Howard Hughes Medical Institute, HHMI)、英ウェルカム・トラスト(Wellcome Trust)などの研究助成機関など、多くの個人や団体が署名している。

[ニュースソース]
In 'Insurrection,' Scientists, Editors Call for Abandoning Journal Impact Factors – Science insider 2013/5/16