文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

米国: EFF、W3CのHTML5規格に異論 – DRMに反対

米国の電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation、EFF)は5月29日、W3C(World Wide Web Consortium)(和文サイト)のHTML作業グループが提案したHTML5規格に関し、コンテンツアクセスの妨げになるデジタル著作権管理(DRM)が含まれているとして、反対を表明した。

EFFは、DRMに起因して予想される各種の問題点を挙げて規格案の「異常さ」に注意を促し、ベストプラクティスを明確にする一助としたいとしている。

[ニュースソース] 
EFF Makes Formal Objection to DRM in HTML5 – EFF 2013/5/29

[関連記事] 
The Electronic Frontier Foundation Objects to W3C HTML5 Standards - Information Today 2013/6/20

[小欄関連記事]
2012年12月19日(水曜日) W3C、HTML5仕様策定を完了、2014年勧告へ