文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

科学者は査読に対する功績を認められるべき(記事紹介)

迅速で効果・効率的査読システムの確立を目指す、Publionsに関するネーチャー誌10月9日付け記事"Thescientists who get credit for peer review"を紹介する。


査読は科学者にとって最も重要な仕事の1つだが、誰が査読を行ったのか知られることはほとんどなく、また報酬も与えられない。出版前論文に対して行われる査読には、たくさんの価値ある背景や洞察があるが、論文が公開されると捨てられてしまう。


Publionsは、研究者が査読履歴をオンライン上で記録することにより、査読システムを変革しようとする取り組み。また査読量や査読内容によって、上位査読者に報酬を与え、科学者に査読に対するインセンティブを与える取り組みも行っている。


第一段階として、査読を測定可能な研究成果として、査読者の考察や筆者との議論の共有を促し、査読から、著者、査読者、編集者が利益を得られる前向きな文化の構築を目指す。