文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

NISTEP講演会「博士取得者の初期キャリアの設定:米国UMETRICSプロジェクトからのエビデンス」(開催案内)
2017年02月17日 | 日本

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は3月3日、講演会「博士取得者の初期キャリアの設定:米国UMETRICSプロジェクトからのエビデンス-Early Career Outcomes of Doctoral Recipients: Evidence from the UMETRIC-」を開催する。

 

【講演趣旨】

UMETRICS(Measuring the Impacts of Research on Innovation, Competitiveness, and Science)は、2015年1月に、米国オバマ政権が進めていたSTAR METRICSから分離独立したデータベースプロジェクトである。米国国勢調査局の持つ雇用と家計データや職歴データ、企業データ等の社会経済的データ、出版・引用データなどを連結させることで、研究開発投資の社会における成果を多角的に捉えようとしているのが特徴。また、UMETRICSは、米国の大学で博士号取得者の動向を毎年追跡調査している「Survey of Earned Doctorates (SED)」との連携に向けて作業中であり、政府が博士号取得者を支援することの長期的な社会影響を測定することを目標にしている。

 

【開催概要】:

演題: 「博士取得者の初期キャリアの設定:米国UMETRICSプロジェクトからのエビデンス-Early Career Outcomes of Doctoral Recipients: Evidence from the UMETRIC-」

講師: Dr. Bruce Weinberg(オハイオ州立大学 経済学研究科 教授、全米経済研究所(NBER)上席研究官)

日時: 2017年3月3日(金) 15時00分~16時50分(受付開始14時45分)

場所: 科学技術・学術政策研究所 16階会議室

言語: 英語(同時通訳あり)

 

*申し込み期限:2017年2月20日(月)17時

 

[ニュースソース]

講演会「博士取得者の初期キャリアの設定:米国UMETRICSプロジェクトからのエビデンス-Early Career Outcomes of Doctoral Recipients: Evidence from the UMETRIC-」(3月3日)開催の御案内 - NISTEP 2017/2/2