データシェアリングシンポジウム 科学の発展への起爆剤 ~データ駆動型科学の推進に向けて~ Open Symposium Data-driven Science - The trigger of Scientific development2016年2月29日(月)/Feb 29,2016 10:00~17:00 一橋講堂/Hitotsubashi Hall 主催:国立研究開発法人科学技術復興機構/Organized by Japan Science and Technology Agency 同時開催 第7回RDA総会 アジア地域初開催 2016年3月1日(火)~3月3日(木) 第7回RDA総会 詳細・登録はこちら Register(free)

本シンポジウムは終了いたしました。多数のご参加いただきありがとうございます。
プログラムに発表資料を公開しております。

開催概要
Overview

データシェアリングを円滑に推進するため、数々の課題の解決方法を検討する国際的な会合であるResearch Data Alliance(以下RDA)が2013年に創設されました。JSTはこの度、第7回RDA総会を誘致するのにあわせ、日本の研究者向けのデータシェアリングに関するシンポジウムを開催します。本シンポジウムはJSTとRDA共催による、アジア地域初となる「第7回RDA総会」に先立って開催されます。

オープンサイエンス促進の国際的潮流を受け、アジアでようやく議論が活発化しはじめたデータシェアリング。第7回RDA総会では、欧米を中心とした世界各国のデータに関わるプロフェッショナルと研究者が集う3日間の充実したプログラムを開催。その前日の「データシェアリングシンポジウム」は、政府・学術界の有識者による講演とセッションで構成され、参加者とデータシェアリングの可能性と取り組みについての議論を深めます。日本、アジア、世界。3つの観点からデータシェアリングを考える貴重な4日間となるイベントです。シンポジウムとRDA総会、多くの方のご参加お待ちしております。


To Top

プログラム
Program

日英同時通訳あり/Simultaneous interpretation is available [English/Japanese]

※登壇者は、変更になる場合があります。
午前の部
10:00~10:20 ご挨拶
開会挨拶
濵口 道成(科学技術振興機構 理事長)
来賓挨拶
岸本 康夫
(文部科学省 大臣官房審議官(科学技術・学術政策局担当))
ビデオメッセージ
講演資料
ハイデ・ハックマン
(国際科学会議 事務局長)
10:20~12:20 基調講演
10:20~10:40
オープンサイエンスの実装に向けて
講演資料
原山 優子
(内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員)
10:40~11:00
Today’s Data, Tomorrow’s Discovery - NSFの展望
講演資料
ジェームズ F. クロセ
(米国国立科学財団(NSF) コンピュータ科学工学局 局長)
11:00~11:20
欧州におけるオープンデータとデータ駆動型科学
― ビジョンからアクションへ

アブストラクト
講演資料
ジャン = クロード ・ バーゲルマン
(欧州委員会研究・イノベーション総局 /
 科学政策・フォーサイト・データ・ユニット長)
11:20~11:40
オープンイノベーションのためのオープンサイエンス
アブストラクト
講演資料
土井 美和子
(情報通信研究機構 監事 /
 日本学術会議 オープンサイエンスの取組に関する委員会 委員長)
11:40~12:00
オープンサイエンスとデータ-政策的課題
アブストラクト
講演資料
カッセージ・スミス
(OECDグローバル・サイエンス・フォーラム(GSF)事務局長)
12:00~12:20
グローバルデータシェアリング
-リサーチデータ・アライアンス

アブストラクト
講演資料
フランシーヌ バーマン
(RDA US 議長 / RDAカウンシル 共同議長)
――――――――― 12:20~13:30 休憩 ―――――――――
午後の部
セッション
13:30~13:50 <セッション1>
  オープンサイエンスを加速するための
  研究データ共有の枠組み

   アブストラクト
   講演資料
   武田 英明(国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授)
13:50~14:10 <セッション2>
  オープンサイエンスと
  科学データ保存事業ICSU-WDS

   アブストラクト
   講演資料
   村山 泰啓(情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室 室長)
14:10~14:30 <セッション3>
  マテリアルズインフォマティックス
  -MI2I概要とデータの扱い

   アブストラクト
   講演資料
   伊藤 聡(科学技術振興機構 MI2I(物質・材料研究機構)プログラムマネージャー)
―――――――――― 14:30~14:50 休憩 ――――――――――
14:50~15:10 <セッション4>
  ビッグデータから知識へ、そして智恵へ
   アブストラクト
   講演資料
   中村 春木(大阪大学 蛋白質研究所 所長)
15:10~15:30 <セッション5>
  人工知能・自動化による
  ライフサイエンスのパラダイムシフト

   アブストラクト
   柳田 敏雄(理化学研究所 生命システム研究センター センター長)
15:30~15:50 <セッション6>
  データと知識の融合と共有; 新しい科学の方法に向けて
   アブストラクト
   講演資料
   辻井 潤一(産業技術総合研究所 人工知能研究センター センター長)
15:50~17:00
ラウンドテーブル
武田 英明(ファシリテータ)
村山 泰啓 / 伊藤 聡 / 中村 春木 / 柳田 敏雄 / 辻井 潤一
閉会の挨拶
大竹 暁(科学技術振興機構 上席フェロー)
 
 
 
 
 
*Speakers are subject to change
AM
Wellcomme Message
Opening Speech
Michinari Hamaguchi
(President, Japan Science and Technology Agency)
Welcome Message
Yasuo Kishimoto
(Deputy Director-General, Science and Technology Policy Bureau,
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Japan)
Video Message
lecture
Dr. Heide Hackmann
(Executive Director, International Council for Science)
Keyonte Speech 10:25-12:25
10:20~10:40
"Open Science" as a Practice
lecture
Dr. Yuko Harayama
(Executive Member, Council for Science, Technology and Innovation
Cabinet Office, Japan)
10:40~11:00
Today's Data, Tomorrow's Discovery : Perspectives from the U.S. National Science Foundation
Abstract
lecture
Dr. James F. Kurose
(Assistant Director, Directorate of Computer and Information Science and
Engineering, US National Science Foundation)
11:00~11:20
Open and data driven science in Europe: from vision to action
Abstract
lecture
Dr. Jean-Claude Burgelman
(Head of Unit "Data, Open Access and Foresight" Directorate General for Research and Innovation, European Commission)
11:20~11:40
Open Science for Open Innovation
Abstract
lecture
Dr. Miwako Doi
(Auditor, National Institute of Information and Communications Technology /
Chair, Open Science Committee, Science Council of Japan)
11:40~12:00
Open Science: the policy challenges
Abstract
lecture
Dr. Carthage Smith
(Senior Policy Analyst - Lead co-ordinator, OECD Global Science Forum)
12:00~12:20
Global data sharing - the Research Data Alliance
Abstract
lecture
Dr.Francine Berman
(Chair, RDA U.S. / Co-chair, RDA Council)
――――――――― 12:20-13:30 Break ――――――――
PM
Session
13:30~13:50  <Session 1>
 Research Data Sharing Framework to
 Enhance Open Science

   Abstract
   lecture
  Dr. Hideaki Takeda
 (Professor, Principles of Informatics Research Division,
  National Institute of Informatics)
13:50~14:10  <Session 2>
 Open Science works with ICSU-World
 Data System, International Enterprise of
 Long Term Data Preservation

   Abstract
   lecture
  Dr. Yasuhiro Murayama
  (Director, Integrated Science Data System Research Laboratory,
  National Institute of Information and Communications Technology)
14:10~14:30  <Session 3>
 Materials Informatics - Overview of MI2I
  ("Materials research by Information Integration" Initiative)
 and handling of data

   Abstract
   lecture
  Dr. Satoshi Itoh
  (Program Manager of MI2I (NIMS), Japan Science and Technology Agency)
―――――――――― 14:30-14:50 Break ――――――――――
14:50~15:10  <Session 4>
 BigData to Knowledge to Wisdom
   Abstract
   lecture
  Dr. Haruki Nakamura
  (Director, Professor, Institute for Protein Research, Osaka University)
15:10~15:30  <Session 5>
 Paradigm shift in life sciences by automation
 using robotics and artificial intelligence

   Abstract
  Dr. Toshio Yanagida
  (Director, Quantitative Biology Center, RIKEN)
15:30~15:50  <Session 6>
 Integration and Sharing of Data / Knowledge:
 Towards a New Paradigm of Big Sciences

   Abstract
   lecture
  Dr. Junichi Tsujii
  (Director, Artificial Intelligence Research Center,
  National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)
15:50~17:00
Round Table
Hideaki Takeda (Facilitator)
Yasuhiro Murayama / Satoshi Itoh /
Haruki Nakamura / Toshio Yanagida / Junichi Tsujii
Closing
Satoru Ohtake
(Principal Fellow, Japan Science and Technology Agency)
チラシをダウンロード Download the flyer

To Top

講演内容・講師紹介
Lecture details

写真

原山 優子

平成8年6月 スイス・ジュネーブ大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)
平成9年12月 スイス・ジュネーブ大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)
平成10年1月 スイス・ジュネーブ大学経済学部助教授 (13年3月まで)
平成10年9月 スイス・ローザンヌ連邦工科大学非常勤講師(13年8月まで)スイス・ニューシャテル大学経済学部客員教授(13年8月まで、22年2月から)
平成13年4月 (独)経済産業研究所研究員(14年2月まで)
平成14年4月 東北大学大学院工学研究科教授 (独)経済産業研究所ファカルティフェロー(16年3月まで)
平成16年10月 (独)大学評価・学位授与機構特任教授(18年1月まで)
平成18年1月 総合科学技術会議議員(20年1月まで)
平成19年6月 Companie de Saint-Gobain 外部取締役 (22年8月まで)
平成21年4月 (独)科学技術振興機構特任フェロー (22年8月まで)
平成22年9月 経済協力開発機構(OECD)科学技術産業局次長(24年11月まで)
平成24年12月 東北大学大学院工学研究科教授(復職)(25年2月まで)
平成25年3月 東北大学名誉教授
平成25年3月 総合科学技術会議議員(常勤)
現職 総合科学技術・イノベーション会議議員(常勤)

Dr. Yuko Harayama

Yuko Harayama is an Executive Member of the Council for Science, Technology and Innovation (CSTI) at the Cabinet Office. Prior to joining the CSTI, she spent two years at the OECD as the Deputy Director of the Directorate for Science, Technology and Industry (STI), and ten years at the Graduate School of Engineering of Tohoku University as a professor of Science and Technology Policy.

In Japan, she served as a member of different commissions related to Science, Technology and Innovation at Cabinet Office and Ministerial levels.

Her experience prior to Tohoku University includes being a Fellow at the Research Institute of Economy, Trade and Industry in Japan and an Assistant Professor in the Department of Political Economy at the University of Geneva. Ms. Harayama holds a Ph.D. in Education Sciences and a Ph.D. in Economics both from the University of Geneva. 

She has received Chevalier de la Légion d'honneur in 2011 and was awarded honorary doctorate from the University of Neuchâtel in 2014.

写真

ジェームズ F. クロセ

クロセ氏は、NSFのコンピュータ・情報科学・工学における基礎研究とサイバーインフラストラクチャにおける変革的進歩支援を指揮する。マサチューセッツ大学アマースト校のコンピュータ科学部特別教授であり、現在は休職中。研究分野はネットワークプロトコルおよびアーキテクチャ、ネットワーク計測、センサーネットワーク、マルチメディアコミュニケーション、モデリングおよびパフォーマンス評価。コロンビア大学でコンピュータサイエンス博士号を取得。

Dr. James F. Kurose

Kurose leads NSF support for fundamental research in computer and information science and engineering and for transformative advances in cyberinfrastructure. He is on leave from University of Massachusetts Amherst where he is Distinguished Professor of Computer Science. His research interests include network protocols and architecture, network measurement, sensor networks, multimedia communication, and modeling and performance evaluation. Dr. Kurose received his Ph.D. in computer science from Columbia University.

写真

ジャン = クロード ・ バーゲルマン

欧州委員会研究・イノベーション総局の科学政策・フォーサイト・データ・ユニット長として、オープンサイエンス、オープンデータ政策および研究に関する優先課題に向けたフォーサイトを担当している。1999年に欧州委員会に入り、共同研究センター未来技術研究所(JRC-IPTS)、欧州政策顧問局 (BEPA)を経て、2008年に現総局に移り、欧州研究・イノベーション圏委員会をはじめとするハイレベルな助言機関を担当。ブリュッセル自由大学で通信技術政策の教授を務めたほか、世界経済フォーラムのイノベーションに関するGlobal Agenda Council議長を務めた。

Dr. Jean-Claude Burgelman

Jean-Claude BURGELMAN is presently Head of the Science Policy, Foresight and Data Unit at the Directorate-General for Research and Innovation (DG RTD), European Commission, where he is responsible for open science and data policies as well as foresight for research priorities.

写真

土井 美和子

1979年東京大学工学系修士修了。同年東京芝浦電気株式会社(現(株)東芝)総合研究所(現研究開発センター)入社。以来、東芝にて35年以上にわたり、「ヒューマンインタフェース」の研究開発に従事。2014年より国立研究開発法人情報通信研究機構監事、(株)国際電気通信基礎技術研究所客員研究員。現在、日本学術会議会員、文部科学省科学技術・学術審議会委員、東工大学とNAISTの経営協議会委員、映像情報メディア学会会長などを務める。受賞20件。登録特許海外172件、国内165件。IEEE(Fellow)、電子情報通信学会(フェロー)、情報処理学会(フェロー)。博士(工学)。

Dr. Miwako Doi

Dr. Miwako Doi is Auditor of National Institute of Information and Communications Technology and Visiting Researcher of Advanced Telecommunications Research International, Japan.
She received her B.E. and M.E. and Ph.D. degrees in 1977, 1979 and 2002 from the Univ. of Tokyo. She joined Toshiba in 1979 and has been a researcher of human interface technology over 35 years.
She is a council member of The Science Council of Japan and others.
She got 20 prizes

写真

カッセージ・スミス

スミス氏は2014年6月、OECDグローバル・サイエンス・フォーラム(OECD-GFS)事務局長に就任。当初、生物科学を専攻し、神経科学の博士号を取得。OECD-GFS事務局長就任以前は、国際科学会議(ICSU、パリ)で12年間副議長を務めた。 

Dr. Carthage Smith

Carthage joined the OECD-Global Science Forum Secretariat in June 2014 as Lead Coordinator. He was originally trained as a biochemist, with a PhD in neuroscience. Prior to joining OECD, he was Deputy Executive Director of the International Council for Science (ICSU, Paris) for twelve years.

写真

フランシーヌ バーマン

Dr. フランシーヌ・バーマンは、数十年間にわたり、コンピュータ・サイエンスの指導者であり、パイオニアである。ニューヨーク州レンセラー工科大学(RPI)のエドワードPハミルトン コンピュータ・サイエンス特別教授。また、米国計算機学会(ACM)、電気・電子技術者学会(IEEE)およびアメリカ科学振興協会(AAAS)のフェローでもある。2009年、「国家的規模のサイバー・インフラストラクチャーの設計、開発および配備における影響力のあるリーダーシップ」に関し、ACM / IEEE – CS Ken Kennedy賞を受賞。研究データシェアリングを加速するために創設された国際機関リサーチデータ・アライアンスの米国における第一人者である。Anita Borg Institute理事会議長、コンピュータ・情報科学および工学に関するNSF諮問委員会共同議長、またスローン財団理事会の理事でもある。オバマ大統領より、人文科学に関する国家評議会の委員に指名、上院で承認された。サンディエゴ・スーパーコンピュータ・センター所長およびRPIの研究所の副所長を歴任。アメリカ議会図書館によって、「ディジタル保存の先駆者」として認められた。

Dr.Francine Berman

Dr. Francine Berman has been a leading thinker and pioneer in the field of computer science for decades. She is the Hamilton Distinguished Professor in Computer Science at Rensselaer Polytechnic Institute (RPI) in New York. She is also a Fellow of the Association of Computing Machinery (ACM), Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) and American Association for the Advancement of Science (AAAS). In 2009 she received the ACM/IEEE-CS Ken Kennedy Award recipient for "influential leadership in design, development and deployment of national-scale cyberinfrastructure." She is the U.S. lead of the Research Data Alliance, an international organization created to accelerate research data sharing. She is also Chair of the Anita Borg Institute Board of Trustees, co-Chair of the NSF Advisory Committee for Computer and Information Science and Engineering, and a member of the Sloan Foundation Board of Trustees. Dr. Berman was recently appointed by President Obama and confirmed by the U.S. Senate to be a member of the National Council on the Humanities. Previously, Dr. Berman served as Director of San Diego Supercomputer Center and Vice President for Research at RPI. Dr. Berman has been recognized by the Library of Congress as a "Digital Preservation Pioneer".

写真

武田 英明

1986年3月 東京大学工学部卒業。1991年3月 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。 工学博士。ノルウェー工科大学 (Norges Tekniske Hoegskole, NTH)、奈良先端科学技術大学院大学を経て、2003年5月より 国立情報学研究所教授。総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻教授(併任)。2005年-2010年東京大学 人工物工学研究センター客員教授・特任教授。2006年-2010年大阪大学サステイナビリティ・サイエンス研究機構特任教授。 2011年8月よりORCID Inc. 理事。2012年8月 より特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事長。専門は、人工知能、オープンデータ、設計学

Dr. Hideaki Takeda

Hideaki Takeda is a professor at National Institute of Informatics (NII), Japan, and a professor at the Graduate University for Advanced Studies (Sokendai). He received the B. Eng., M. Eng. and Dr. Eng. degrees from the University of Tokyo, Japan, in 1986, 1988 and 1991, respectively. He worked at Norwegian Institute of Technology and Nara Institute of Technology prior to joining the current institution. He has been the Sumitomo endowed professor in the University of Tokyo between 2005 and 2010. He is a board member of ORCID and the president of Linked Open Data Initiative Inc. His interest includes Artificial Intelligence, Semantic Web, Open Data and Design Theory.

写真

村山 泰啓

国立研究開発法人情報通信研究機構統合データシステム研究開発室長(現職)、ICSU-WDS (World Data System)国際科学委員会ex officio委員、日本学術会議特任連携会員、国立極地研究所南極観測審議委員会委員、公益社団法人日本地球惑星科学連合理事。1999-2006年は北極域アラスカにおける上層大気観測研究の日米共同計画の日本側リーダーを務める。京都大学生存圏研究所客員教授、内閣府「国際動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会」委員、国立国会図書館科学技術情報整備審議会専門委員などを歴任。文部科学大臣表彰科学技術賞受賞(2007年)。京都大学工学博士(1993年)。

Dr. Yasuhiro Murayama

Dr. Yasuhiro Murayama is the Director of Integrated Science Data System Research Laboratory of National Institute of Information and Communications Technology (NICT), Japan, ex officio of ICSU-WDS Scientific Committee, Associate member of Science Council of Japan, Antarctic Observation Deliberation Committee of National Institute of Polar Research, and Board member of Japan Geoscience Union. In 1999-2006 he took a lead of Japan group of US-Japan joint program of Arctic middle-upper atmosphere observations in Alaska. His professional experience includes a Visiting Professor at Research Institute of Sustainable Humanosphere of Kyoto University in 2013, member of Expert Panel of Open Science Promotion at Cabinet Office of Japan, and Expert member of Science and Technology Information Management Council of National Diet Library. Also he was awarded by Japan's Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in 2007. Dr. Murayama received his Ph.D. from Kyoto University in 1993.

写真

伊藤 聡

1985年 筑波大学大学院博士課程工学研究科修了(工学博士)
1985年 株式会社東芝 入社(マイクロプロセッサの研究開発)
1994年 株式会社東芝 基礎研究所 主任研究員(大規模シミュレーションによる新機能材料・デバイスの研究開発)
2002年 株式会社東芝 研究開発センター 研究主幹(大規模シミュレーションによる新機能材料・デバイスの研究開発・統括)
2011年 株式会社東芝 退社
2011年 理化学研究所 入所 計算科学研究機構 コーディネーター 現在に至る
2015年 科学技術振興機構 イノベーションハブ構築支援事業 プログラムマネージャー
2015年 科学技術振興機構 研究戦略センター 特任フェロー

Dr. Satoshi Itoh

Education
1979 B.A., Tokyo University of Agriculture and Technology
1985 Dr. Eng., University of Tsukuba

Position
1985-1993 Research Scientist, R&D Division, Toshiba Corporation
1994-2001 Senior Research Scientist, Corporate R&D Center, Toshiba Corporation
2002-2010 Chief Research Scientist, Corporate R&D Center, Toshiba Corporation
2011 to present Coordinator, RIKEN Advanced Institute for Computational Science
2011 to present Fellow, Center for Research and Development Strategy, Japan Science and Technology Agency
2011 to present Program Manager of MI2I (NIMS), Japan Science and Technology Agency

写真

中村 春木

1980年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、東京大学工学部物理工学科助手、蛋白工学研究所主任研究員/部長、生物分子工学研究所部門長を経て1999年から大阪大学蛋白質研究所教授、2014年から同研究所所長、現職。2015年から日本生物物理学会会長。また2001年より、wwPDBの4メンバーのひとつである日本蛋白質構造データバンク(PDBj)の統括責任者として、国際的生体高分子の立体構造データベースを構築・運営。専門は生物物理学、構造バイオインフォマティクス、蛋白質科学。特に、蛋白質の構造・機能と電気物性、分子設計。

Dr. Haruki Nakamura

Dr. Haruki Nakamura is a Director of Institute for Protein Research, Osaka University, and a Professor of Laboratory of Protein Informatics in the Institute. He is also a Head of Protein Data Bank Japan (PDBj, http://pdbj.org/), one of the four members of the wwPDB (http://wwpdb.org/) as the international organization to maintain the PDB archive. He was born on 7 April 1952, at Tokyo, Japan. He graduated Department of Physics, Faculty of Science, the University of Tokyo, in March 1975, and he took the Doctor of Science in March 1980, at Department of Physics, Faculty of Science, the University of Tokyo, supervised by Dr. Akiyoshi Wada. His research experiences are as follows: April 1980 - July 1987, Research Associate at Department of Applied Physics, Faculty of Engineering, the University of Tokyo; August 1987 - March 1996, Protein Engineering Research Institute, Osaka; April 1996 - March 1999, Biomolecular Engineering Research Institute, Osaka; April 1999 -, Professor, Laboratory of Protein Informatics, Institute for Protein Research (IPR), Osaka University; April 2012 - March 2014, Advisor to Osaka University Trustees; June 2001 -, Head of PDBj; April 2014 -, Director of IPR.
His research fields are structural bioinformatics, biophysical studies about protein architecture, electrostatic properties and enzymatic functions, protein modeling, protein design, structure guided drug development, and molecular and electronic simulation. He is an associate Editor of BREV (Biophysical Reviews), and an editorial board member of PEDS (Protein Engineering Design and Selection), J. Struct. Funct. Genomics, Biophysics, and Curr. Opin. Struct. Biol.
From 2012 to 2013, he was a President of the Protein Science Society of Japan, and from 2012 to 2014, he was a Council member of the Protein Society in USA. He is now the President of the Biophysical Society of Japan from June 2015 to 2017.

写真

柳田 敏雄

1976年4月 大阪大学工学博士
1988年4月 大阪大学基礎工学部生物工学科教授
1997年4月 大阪大学医学部医学科第一生理学教授
2002年4月 大阪大学大学院生命機能研究科研究科長併任
2002年4月 大阪大学大学院医学系研究科教授(兼任)
2007年10月 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 副拠点長(現任)
2010年4月 大阪大学大学院生命機能研究科特任教授(現任)
2011年4月 理化学研究所 生命システム研究センター長(現任)
2011年4月 理化学研究所HPCI計算生命科学推進プログラム プログラムディレクター(現任)
2011年4月 情報通信研究機構/大阪大学 脳情報通信融合研究センター長(現任)
2014年11月~2015年3月 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター長職務代行

Dr. Toshio Yanagida

1976 Doctor of Engineering Science, Osaka University
1988-2010 Professor, Department of Bionics, Faculty of Engineering Science, Osaka University
1996-2010 Professor, Department of Physiology and Biosignaling, Graduate School of Medicine, Osaka University
2002-2004 Dean, Graduate School of Frontier Bioscience, Osaka University
2002-2010 Professor, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University
2010-present Specially Appointed Professor, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University
2011-present Director, Quantitative Biology Center(QBiC), RIKEN
2011-present Program Director, HPCI Program for Computational Life Sciences, RIKEN
2011-present Director, Center for Information and Neural Networks(CiNet),NICT
2014-2015 Acting Director, Center for Developmental Biology, RIKEN

写真

辻井 潤一

自然言語処理の世界的権威。
1973年 京都大学大学院修士課程修了、その後 同助手、助教授。
1978年 京都大学大学院 工学博士。
1988年 マンチェスター大学 計算言語学研究センター 教授。
1995年 東京大学 情報理工学系研究科 教授。
2005年 マンチェスター大学 教授。
2006年 国際計算言語学会(ACL)会長。
2010年 情報処理学会フェロー。
2011年 マイクロソフト・リサーチ・アジア首席研究員。
2015年 5月より現職。
国際計算言語委員会 (ICCL) Chairman
受賞歴:日本IBM科学賞(1988年)、人工知能学会業績賞(2008年)、紫綬褒章(2010年) 他多数。

Dr. Junichi Tsujii

Since May 2015, he has been the director of the Artificial Intelligence Research Center at the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Japan. He was previously a Principal Researcher at Microsoft Research Asia. Before joining MSRA, he was a professor at the University of Tokyo, where he belonged to both the School of Inter-faculty Initiative on Informatics and the Graduate School of Information Science and Technology.

To Top

アクセス
Access

一橋講堂

マップを開く ウェブサイト

〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
学術総合センター内

アクセス方法

東京メトロ半蔵門線、 都営三田線、都営新宿線
神保町駅(A8・A9出口)徒歩4分
※A8出口は、 近隣ビルの工事のため
平成25年10月5日から閉鎖しております。
お越しの際にはA9出口をご利用ください。

東京メトロ東西線 竹橋駅(1b出口)徒歩4分

To Top

共催・協賛・後援
Co-organizers・Sponsors・Supporters

共催

 

協賛

後援

内閣府、文部科学省、日本学術会議、駐日欧州連合代表部、米国国立科学財団、横断型基幹科学技術研究団体連合、応用物理学会、
空気調和・衛生工学会、高分子学会、情報処理学会、人工知能学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、電気学会、電子情報通信学会、土木学会、
日本化学会、日本機械学会、日本建築学会、日本工学会、日本生化学会、日本地球惑星科学連合、日本天文学会、日本農芸化学会、
日本バイオインフォマティクス学会、日本物理学会、日本分子生物学会

実行委員会

委員長 大竹 暁 国立研究開発法人科学技術振興機構 上席フェロー
委員 河西 純一 国立研究開発法人物質・材料研究機構 企画部門 企画調整室 室長
小島 功 国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 イノベーションコーディネータ
関口 智嗣 国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 領域長
武田 英明 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所 教授
林 和弘 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター 上席研究官
村山 泰啓 国立研究開発法人情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室 室長

To Top

*RDAについて

RDAロゴ国際的なデータ基盤のニーズに対応するため 、リサーチ・データ・アライアンス(以下RDA / rd-alliance.org)は欧州委員会(EC)と米国国立科学財団(NSF)、オーストラリア国立データサービス(ANDS)を通じたオーストラリア政府により、国際的なコミュニティ型の組織として 2013年3月に設立されました。RDAのヴィジョンは、研究者とイノベーターがあらゆる技術、分野、国を問わずオープンにデータを共有し、国際社会における課題を解決していくことです。 データ共有を可能にする社会的・技術的な架け橋を築くことがRDAの使命です。これらはデータ共有への障壁を削減するために必要な社会的、組織的、技術的な基盤の構築、導入、そして利活用を通じて成し遂げられます。

RDAサイトはこちらから

お問い合わせ
Contact

データシェアリングシンポジウム運営事務局
(株式会社アイ・エス・エス内)
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12
Email:datasharing@issjp.com
TEL:03-6369-9984
FAX:03-3453-1180


第7回RDA総会の詳細・登録はこちら Register for RDA 7th Plenary

To Top