文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

共同研究状況について

ヒッグス粒子(Higgs Boson)関連の論文の著者数及びグループ著者を見ることによって、研究動向をヒトという観点から見てみよう。

著者数で見た論文数のシェア

Get Adobe Flash player

国際共同研究の状況における「著者別論文数シェア」と比較しても単著の論文が多かったが、最近は千人以上の共著論文が増えている。 これは理論物理学と実験物理学をもつ物理学の特性によるもので、理論物理学は、第一原理から数学的に無矛盾な法則を導出するなど、比較的少人数で研究が行われるのに対し、実験物理学は昨今実験規模が大掛かりになり、非常に大人数の研究が多い。 たとえば2011年で比較すると、ヒッグス粒子に関連する論文と全分野の単著論文数の割合を比較すると、ヒッグス粒子は19.57%、全分野は11.63%である。 3人までの著者数の割合を比較すると、ヒッグス粒子は、76.31%、全分野は、43.14%である。 1990年代に入り、この分野の実験が盛んになる前は、理論物理学が圧倒的に90%近くを占めている。 1990年代に入りだんだん実験が盛んになると、300人以上の共著者が出始め、2000年代に入ると、500人、2008年にLHCが完成すると千人以上と変化していく。 これは実験規模の大きさに関係が深いと考えられる。

グループ著者

標準理論によるクオーク、ヒッグス粒子関係の発見に係る実験においては、グループ著者が存在している。 グループ著者は、国際的なプロジェクトを推進していく上ではなくてはならない存在である。 Essential Science Indicatorsにおいて、グループ著者が存在している論文を抽出し、まとめたのが下表である。 どの論文も多くの機関、多くの国が関与している。

論文タイトル REVIEW OF PARTICLE PHYSICS
掲載誌 PHYSICAL REVIEW D
巻:66 ページ: 出版年:2002
被引用回数 2278
著者数 141 機関数 71
Canada Switzerland Germany Spain Finland France United Kingdom India Italy Japan Russian Federation Sweden United States
グループ著者名 PARTICLE DATA GROUP
論文タイトル REVIEW OF PARTICLE PHYSICS
掲載誌 PHYSICS LETTERS B
巻:592 ページ:1-1109 出版年:2004
被引用回数 3149
著者数 157 機関数 84
Australia Canada Switzerland Germany Spain Finland France United Kingdom Israel India Italy Japan Korea, Republic of Mexico Russian Federation Sweden United States
グループ著者名 PARTICLE DATA GROUP
論文タイトル PHYSICS INTERPLAY OF THE LHC AND THE ILC
掲載誌 PHYSICS REPORTS-REVIEW SECTION OF PHYSICS LETTERS
巻:426 ページ:47-358 出版年:2006
被引用回数 191
著者数 123 機関数 69
Austria Canada Switzerland Chile Germany Denmark Spain Finland France United Kingdom Israel India Italy Japan Norway Poland Russian Federation United States
グループ著者名 LHCILC STUDY GROUP
論文タイトル PRECISION ELECTROWEAK MEASUREMENTS ON THE Z RESONANCE
掲載誌 PHYSICS REPORTS-REVIEW SECTION OF PHYSICS LETTERS
巻:427 ページ:257-454 出版年:2006
被引用回数 198
著者数 2448 機関数 194
Austria Belgium Bulgaria Brazil Canada Switzerland China Cyprus Czech Republic Germany Denmark Spain Finland France United Kingdom Greece Hungary Ireland Israel India Italy Japan Korea, Republic of Netherlands Norway Poland Portugal Romania Russian Federation Sweden Slovenia Slovakia Taiwan United States
グループ著者名 ALEPH COLLABORATION
DELPHI COLLABORATION
L3 COLLABORATION
OPAL COLLABORATION
SLD COLLABORATION
論文タイトル REVIEW OF PARTICLE PHYSICS
掲載誌 JOURNAL OF PHYSICS G-NUCLEAR AND PARTICLE PHYSICS
巻:33 ページ:1-+ 出版年:2006
被引用回数 3096
著者数 169 機関数 93
Australia Canada Switzerland China Germany Spain Finland France United Kingdom Ireland Israel India Italy Japan Korea, Republic of Mexico Russian Federation Sweden United States
グループ著者名 PARTICLE DATA GROUP
論文タイトル SEARCH FOR A NEUTRAL HIGGS BOSON DECAYING TO A W BOSON PAIR IN P(P)OVER-BAR COLLISIONS AT ROOT S=1.96 TEV
掲載誌 PHYSICAL REVIEW LETTERS
巻:97 ページ: 出版年:2006
被引用回数 84
著者数 629 機関数 64
Canada Switzerland Germany Spain Finland France United Kingdom Italy Japan Korea, Republic of Russian Federation Taiwan United States
グループ著者名 CDF COLLABORATION
論文タイトル SEARCH FOR NEUTRAL MSSM HIGGS BOSONS AT LEP
掲載誌 EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C
巻:47 ページ:547-587 出版年:2006
被引用回数 255
著者数 1215 機関数 159
Austria Belgium Bulgaria Brazil Canada Switzerland China Cyprus Czech Republic Germany Denmark Spain Finland France United Kingdom Greece Hungary Ireland Israel India Italy Japan Korea, Republic of Netherlands Norway Poland Portugal Romania Russian Federation Sweden Slovenia Taiwan United States
グループ著者名 ALEPH COLLABORATION
DELPHI COLLABORATION
L3 COLLABORATION
LEP COLLABORATION
LEP WORKING GROUP HIGGS BOSON SEARCH
OPAL COLLABORATION
論文タイトル CMS PHYSICS TECHNICAL DESIGN REPORT, VOLUME II: PHYSICS PERFORMANCE
掲載誌 JOURNAL OF PHYSICS G-NUCLEAR AND PARTICLE PHYSICS
巻:34 ページ:995-1579 出版年:2007
被引用回数 328
著者数 2000 機関数 163
Armenia Austria Belgium Bulgaria Brazil Belarus Switzerland China Cyprus Germany Estonia Spain Finland France United Kingdom Georgia Greece Croatia Hungary Ireland India Iran, Islamic Republic of Italy Korea, Republic of Mexico New Zealand Pakistan Poland Portugal Serbia Russian Federation Turkey Taiwan Ukraine United States Uzbekistan
グループ著者名 CMS COLLABORATION
論文タイトル REVIEW OF PARTICLE PHYSICS
掲載誌 PHYSICS LETTERS B
巻:667 ページ:1-+ 出版年:2008
被引用回数 3185
著者数 171 機関数 99
Australia Belgium Canada Switzerland China Germany Spain Finland France United Kingdom Israel India Italy Japan Korea, Republic of Mexico Russian Federation Sweden United States
グループ著者名 PARTICLE DATA GROUP
論文タイトル SEARCH FOR DIMUON DECAYS OF A LIGHT SCALAR BOSON IN RADIATIVE TRANSITIONS UPSILON ->GAMMA A(0)
掲載誌 PHYSICAL REVIEW LETTERS
巻:103 ページ: 出版年:2009
被引用回数 39
著者数 494 機関数 81
Canada Germany Spain France United Kingdom Israel Italy Netherlands Norway Russian Federation United States
グループ著者名 BABAR COLLABORATION
論文タイトル THE FP420 R&D PROJECT: HIGGS AND NEW PHYSICS WITH FORWARD PROTONS AT THE LHC
掲載誌 JOURNAL OF INSTRUMENTATION
巻:4 ページ: 出版年:2009
被引用回数 27
著者数 98 機関数 29
Belgium Brazil Canada Switzerland Czech Republic Germany Spain Finland United Kingdom Italy Russian Federation United States
グループ著者名 FP420 R&D COLLABORATION
論文タイトル COMBINATION OF TEVATRON SEARCHES FOR THE STANDARD MODEL HIGGS BOSON IN THE W+W- DECAY MODE
掲載誌 PHYSICAL REVIEW LETTERS
巻:104 ページ: 出版年:2010
被引用回数 42
著者数 1041 機関数 145
Argentina Brazil Canada Switzerland China Colombia Czech Republic Germany Ecuador Spain Finland France United Kingdom Greece Ireland India Italy Japan Korea, Republic of Mexico Netherlands Russian Federation Sweden Slovakia Taiwan United States
グループ著者名 CDF COLLABORATION
D0 COLLABORATION
論文タイトル AN IMPROVED STANDARD MODEL PREDICTION OF BR(B -> TAU NU) AND ITS IMPLICATIONS FOR NEW PHYSICS UTFIT COLLABORATION
掲載誌 PHYSICS LETTERS B
巻:687 ページ:61-69 出版年:2010
被引用回数 26
著者数 14 機関数 8
Switzerland France Italy
グループ著者名 UTFIT COLLABORATION
論文タイトル REVIEW OF PARTICLE PHYSICS
掲載誌 JOURNAL OF PHYSICS G-NUCLEAR AND PARTICLE PHYSICS
巻:37 ページ:1-1422 出版年:2010
被引用回数 1005
著者数 180 機関数 103
Argentina Australia Belgium Bulgaria Canada Switzerland China Germany Spain Finland France United Kingdom Israel India Italy Japan Korea, Republic of Mexico Russian Federation Sweden United States
グループ著者名 PARTICLE DATA GROUP
論文タイトル MEASUREMENT OF W+W- PRODUCTION AND SEARCH FOR THE HIGGS BOSON IN PP COLLISIONS AT ROOT S=7 TEV
掲載誌 PHYSICS LETTERS B
巻:699 ページ:25-47 出版年:2011
被引用回数 16
著者数 2149 機関数 154
Austria Belgium Bulgaria Brazil Belarus Switzerland China Colombia Cyprus Czech Republic Germany Estonia Egypt Spain Finland France United Kingdom Georgia Greece Croatia Hungary India Iran, Islamic Republic of Italy Korea, Republic of Lithuania Mexico New Zealand Pakistan Poland Portugal Serbia Russian Federation Turkey Taiwan Ukraine United States
グループ著者名 CMS COLLABORATION

Review of Particle Physicsは素粒子物理学の実験結果、理論の成果等をParticle Data Groupがまとめ、隔年で発表される論文で、Physics Letters Bに発表される。 他のALEPH COLLABORATION[英語]CMS(Compact Muon Solendoid) Collaboration[英語]DELPHI COLLABORATION[英語]、FP420 R&D COLLABORATION、LHCILC Study Group[英語]L3 Collaboration[英語]OPAL Collaboration[英語]、はCERNの実験装置 ALEPH、CMS、DELPHIを使用している実験グループである。
D0(DZero) COLLABORATION[英語]は、米国エネルギー省のフェルミ国立加速器研究所において、陽子・反陽子衝突型加速器テバトロンによる実験を「Dゼロ」と呼び、その実験に係っているグループの名前である。 CDF COLLABORATIOM[英語]も、フェルミ国立加速器研究所のCollider Detectorを使用している実験グループである。
UTFIT COLLABORATION[英語]は、ヨーロッパのいくつかの研究所から集まり、標準理論の基本的なパラメーターについて議論しているグループである。
BaBar Collaboration[英語]は、米国エネルギー省が所有し、スタンフォード大学が運営するSLAC国立加速器研究所(SLAC National Accelerator Laboratory)にある検出器BARBARを使用している実験グループである。 SLAC国立加速器研究所には、SLD Collaboration[英語]もある。

出典

Thomson Reuters "Essential Science IndicatorsSM(2001-2011)"、"Web of Science®"を基に、JST J-GLOBAL foresightにて情報事業が集計

J-GLOBAL foresight