文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

JSTがファンディングした研究者たち

科学技術イノベーション政策に対して予算を使用するということは、民意を代表する議会の指示を得なければならないことは言うまでもない。 しかし、科学技術イノベーション政策というのは、不確実な未来に対して社会資源を投入することである。 この不確実な未来に対して社会資源を投入することについて、民意の理解を得るという難しい課題がある。

この難しい課題を抱えながら、科学技術イノベーション政策に対して、第1期科学技術基本計画から第4期科学技術基本計画(PDF:154.3KB)に至るまで、公的研究開発投資は増加し続けた。 しかし、昨今科学技術イノベーション政策においても透明化が求められ、投資効果を国民に開示すると同時に、国民の支持、理解を得る必要がある。

そこで科学技術イノベーションを推進するファンディングエージェンシーとしてのJSTでは、その投資効果を計測し、可視化する試みをはじめた。

JSTがファンディングした研究者の論文
被引用回数がTOP0.1%に含まれるSuperな論文

バックナンバー バックナンバー一覧へ

J-GLOBAL foresight