文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

被引用回数がTOP0.1%に含まれるSuperな論文

Thomson Reuters社"Essential Science IndicatorsSM(PDF:803KB)(2001-2011)"に収録されている高被引用論文の中で被引用数が各分野(22分野)トップ0.1%に入る論文の中に、JSTの戦略的創造研究推進事業プロジェクト、バイオインフォマティクス推進事業の成果論文が合計9本収録されている。

【順不同・研究者所属は当時のもの】
Superな論文 Pathogen Recognition and Innate Immunityexternal link
被引用回数 2214
Toll-like receptor signalling 被引用回数 2415
戦略的創造研究推進事業 ERATOexternal link
研究プロジェクト 審良自然免疫プロジェクト(2002-2007)external link
研究総括 審良静男(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター拠点長)
研究成果 審良自然免疫プロジェクトexternal link
Superな論文 Generation of germline-competent induced pluripotent stem cellsexternal link
被引用回数 1092
Induction of Pluripotent Stem Cells from Adult Human Fibroblasts by Defined Factorsexternal link
被引用回数 2375
Induction of Pluripotent Stem Cells from Mouse Embryonic and Adult Fibroblast Cultures by Defined Factorsexternal link
被引用回数 3041
戦略的創造研究推進事業 CRESTexternal link山中iPS細胞特別プロジェクトexternal link
研究領域 免疫難病・感染症等の先進医療技術
研究課題名 真に臨床応用できる多能性幹細胞の樹立(2002-2005)
研究代表者 山中伸弥(京都大学 物質―細胞統合システム拠点/再生医科学研究所教授)
終了報告書 研究終了報告書external link(PDF:4.15MB)
Superな論文 Iron-Based Layered Superconductor La[O1-xFx]FeAs (x = 0.05-0.12) with Tc = 26 Kexternal link
被引用回数 2357
戦略的創造研究推進事業 ERATOexternal linkSORSTexternal link
研究プロジェクト 細野透明電子活性プロジェクト(1999-2009)external link
研究総括 細野秀雄(東京工業大学 フロンティア研究センター 教授)
研究成果 研究終了報告書external link(PDF:6.69MB)
Superな論文 The Physcomitrella genome reveals evolutionary insights into the conquest of land by plants 被引用回数 318
戦略的創造研究推進事業 ERATO
研究プロジェクト 長谷部文化全能性進化プロジェクト(2005-2011)
研究総括 長谷部光泰(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 教授)
研究成果 長谷部文化全能性進化プロジェクト(2005-2011)
Superな論文 KEGG for representation and analysis of molecular networks involving diseases and drugs 被引用回数 251
制度名 バイオインフォマティクス推進センター(BIRD)
研究開発課題名 ゲノムと環境の統合解析による生命システムの機能解読(KEGG)
代表研究者 金久 實 (京都大学化学研究所 教授)
Superな論文 Architecture of the Photosynthetic Oxygen-Evolving Centerexternal link
被引用回数 1266
戦略的創造研究推進事業 ERATOexternal link
研究プロジェクト 岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト(2005-2010)external link
研究総括 岩田 想(京都大学大学院医学研究科 教授、インペリアルカレッジロンドン分子生命科学科 教授)

出典

Thomson Reuters "Essential Science IndicatorsSM(2001-2011)"を基に、JST J-GLOBAL foresightにて情報事業が集計

J-GLOBAL foresight