文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

パテントファミリーの引用文献数の経年変化(分野別・ジャーナル別)

2012年4月公開版バックナンバー

パテントファミリーの引用文献がWeb of Science®の22分野においてどのような雑誌に掲載されているかを分析したものである。 パテントファミリーと深いつながりのある(実用化との結びつきが強い)科学分野の学術雑誌及び刊行物が何かを把握可能である。

分野を選択していただくと、パテントファミリーの引用文献が掲載されている雑誌毎の文献数の経年変化を見ることができる。 ここでは、各分野でパテントファミリーの引用文献数が50を超えた雑誌が表示されている(雑誌名は略記を使用している)。

パテントファミリーの引用文献数の経年変化グラフ(分野別・ジャーナル別)

各項目を選択して「データ集計」ボタンを押してください。

分野:

Get Adobe Flash player

解説

全体的に見ると、American Society for Biochemistry and Molecular Biologyが発行している"Journal of Biological Chemistry"(J BIOL CHEM)が断トツの1位で、1991年から2009年までの累計で、2位の雑誌を約3倍、引き離している。 この雑誌は生物学・生化学の分野に分類されている。

次に多いのがThe American Association of Immunologistsが発行している"The Journal of Immunology"(J IMMUNOL)である。

3位にランキングされているのが臨床医学分野の"Cancer Research"(CANCER RES)で、American Association for Cancer Researchが発行している。

上位3位までは、全てライフサイエンス系の雑誌で、4位に初めて物理学の雑誌、"Applied Physics Letters"(APPL PHYS LETT)がランキングされた。 この雑誌は、American Institute of Physicsが発行している。

ダウンロード

出典

Thomson Reuters "Web of Science®"、"Derwent World Patents Index®"、"Derwent Patents Citation Index®"を基に、JST J-GLOBAL foresightにて情報事業が集計

J-GLOBAL foresight