文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

米国カリフォルニア版GDPR “The California Consumer Privacy Act of 2018”の概要と影響(記事紹介)
2018年07月26日 | 北米・中南米

インターネットニュースサービスDigital Journalに、7月22日、"Why California's data privacy law is set for U.S. roll out: Q&A"(試訳:カリフォルニア州のデータプライバシー法が米国で展開される理由:Q&A)と題する記事が掲載された。

 

カリフォルニア州議会で、2018年6月28日に、新たなデータプライバシー法"The California Consumer Privacy Act of 2018"(2018年カリフォルニア州消費者プライバシー法)が可決され、2020年1月から施行される。

 

このプライバシー法には、カリフォルニア州の居住者が個人データの用途などを企業に問う法的権利を有すること、企業は45日以内の回答を義務づけられることなどが盛り込まれている。

 

本記事では、プライバシーデータエキスパートTsopanis氏とQ&A形式で、カリフォルニア州のデータの安全性、新法の概要、適用対象となる企業規模、影響、EUのGDPR(一般データ保護規則)との違い、などを解説している。

[ニュースソース]

Why California's data privacy law is set for U.S. roll out: Q&A ― DIGITAL JOURNAL 2018/07/22 (accessed 2018-07-24)

 

Assembly Bill No. 375 ― 2018/06/29 (accessed 2018-07-24)