文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

スウェーデンとドイツ、エルゼビア社によるジャーナルへのアクセス停止の影響はほぼなし(記事紹介)
2018年08月21日 | ヨーロッパ

「世界大学ランキング」を公表しているTHE(Times Higher Education)は、8月8日、"German and Swedish libraries shrug off Elsevier shutdown"(試訳:ドイツとスウェーデンの図書館、エルゼビア社のシャットダウンを一笑に付す)と題する記事を掲載した。

 

スウェーデンは6月30日から、ドイツは7月10日からエルゼビア社のジャーナルにアクセスできなくなっているが、どちらもほとんど影響はないという。

 

本記事に掲載された両国の図書館員の証言によると、この件に対する苦情はほとんどなく、利用者からエルゼビア社のコンテンツの要求があった場合、ILL(Interlibrary Loan、図書館相互貸借)で十分に対応できているという。

 

※ニュースソースの閲覧にはサインインが必要

 

[ニュースソース]

German and Swedish libraries shrug off Elsevier shutdown ― THE 2018/08/08 (accessed 2018-08-15)

 

[小欄関連記事]

2018年05月22日 Bibsam Consortium、エルゼビア社と契約更新せず

2018年07月11日 DEALプロジェクトとエルゼビア社間の交渉、双方の主張が再び対立