文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

セルビア、国家科学政策「オープンサイエンスプラットフォーム」を採択(記事紹介)
2018年08月23日 | ヨーロッパ

セルビアは、7月14日、「オープンサイエンスプラットフォーム(Open Science Platform)」と呼ばれる国家科学政策を採択したと、OpenAIRE Blogの記事(8月17日付)が伝えている。

 

「オープンサイエンスプラットフォーム」の策定を主導したのは、教育科学技術開発省(Ministry of Education, Science and Technological Development、MESTD)。MESTDは、セルビアの主たる助成機関であるため、本政策が事実上の国家政策の役割を担うことになるだろうという。

 

これまで博士論文にのみ義務づけられていたOA(オープンアクセス)化が、MESTDが助成するすべての研究成果(ジャーナル論文、研究論文、プロシーディングス他)に適用される。また政策には、グリーンOAの義務化、具体的なエンバーゴ期間、論文掲載料(APC)およびBook Processing Charge(BPC)をプロジェクト予算に含むこと、データのOA化は強制ではないが推奨することなどが明記されている。

 

なお、セルビア国内の大学および研究機関は、6か月以内に、本政策の採用を求められている。

 

[ニュースソース]

 Serbia has adopted a national science policy! ― OpenAIRE BLOG 2018/08/17 (accessed 2018-08-17)