文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Hypothesis、アノテーションサービスの機能”Groups“に新たなグループモデルを導入
2018年10月22日 | 北米・中南米

Hypothesisは、10月17日、アノテーションサービスの機能"Groups"※に新たなグループモデルを導入したと発表した。

 

新たなグループモデルにより、利用者は、アノテーションを作成・公開する範囲や参加資格に応じたグループの設定が可能になった。ちなみに、設定できるグループは、「パブリックレイヤー」「オープングループ」「制限付きグループ」「プライベートグループ」の4種類となっている。

 

※招待されたメンバーで構成したグループ内のみでアノテーションを作成・共有するための機能。Hypothesisが2015年11月に導入。

 

[ニュースソース]

New Collaboration Capabilities for Annotation: Open and Restricted Groups ― Hypothesis 2018/10/17 (accessed 2018-10-18)

 

[小欄関連記事]

2018年09月11日 Webアノテーションが普及していく理由(記事紹介)

2018年09月05日 Atypon社、Hypothesis社のオープンアノテーションを導入