文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Figshare、データ共有に関する調査報告書"The State of Open Data 2018"を公表
2018年10月26日 | ヨーロッパ

​Figshareは、10月22日、データ共有に関する調査報告書"The State of Open Data 2018"(試訳:オープンデータの状況2018)を公開した。

 

本調査は、約1,800人を対象に、オープンデータに関する認識の程度、データ利用に関するインセンティブ、自分の研究データをオープンにすることへの研究者の意識を調査したもの。2016年から毎年行われ、3回目になる。

 

主な調査結果として、64%が自らのデータを公開した(2017年より4%増)と回答した一方で、60%がFAIR原則について聞いたことがないと答えている。

 

そのほかにも、国家によるデータ公開の義務化に賛成する者が63%(2017年:55%)に増加し、オープンデータを研究のために再利用した者が48%(2016年:57%、2017年:50%、)と2年連続で減少したことなども示している。

 

The State of Open Data 2018(pdf: 全24ページ)

※以上、Figshare(accessed 2018-10-23)

 

[ニュースソース] 

The State of Open Data Report 2018 ― Figshare 2018/10/22 (accessed 2018-10-23)

 

[小欄関連記事]

 2017年10月26日 Figshare、データ共有に関する調査報告書"The State of Open Data 2017"を公表

 

2018年07月23日 NBDC、「FAIR原則入門 ~FAIR原則とは? どうすれば対応できるのか?~」を公開