文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

TOP500、世界スパコンランキングを発表

コンピュータ性能のランク付けなどを行うプロジェクトTOP500は、11月11日、スパコンの計算速度のランキング「TOP500」リストを発表した。

 

1位は、米オークリッジ国立研究所の"Summit"、2位は、米ローレンス・リバモア国立研究所の"Sierra"、3位は中国の国立スーパーコンピューターセンターの"Sunway TaihuLight"であった。

 

なお、日本はAIST(産業技術総合研究所)の「AI橋渡しクラウド(AI Bridging Cloud Infrastructure :ABCI)」が7位、東京大・筑波大の「オークフォレスト・パックス(Oakforest-PACS)」が14位、理化学研究所の「京(K)」が18位であった。

 

[ニュースソース]

China Extends Supercomputer Share on TOP500 List, US Dominates in Total Performance ― TOP500 2018/11/11 (accessed 2018-11-13)

 

NOVEMBER 2018 ― TOP500 (accessed 2018-11-13)

 

[小欄関連記事] 

2018年09月10日 NSF、次世代スパコンに6,000万ドルを助成