文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Plan Sについて口を濁す大手出版社たち(記事紹介)
2019年02月21日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

Scholarly Kitchenは、2月19日、"Is Hybrid a Valid Pathway to Open Access? Publishers Argue Yes, in Response to Plan S"(試訳:Plan Sへの反応、ハイブリットはOAへの有効な手段か?出版社らはYes)と題する記事を掲載した。

 

本記事は、出版4社(SAGE社、Springer Nature社、Taylor & Francis社、Wiley社)のPlan Sガイダンスへのフィードバックを紹介。それら一部を引用しながら、どの出版社もハイブリットモデルを放棄する意図がないこと、Plan Sに準拠した完全なポートフォリオを持っていないこと、2020年あるいは特定の日までに準拠するという明確な意思表示をしていないことなどを紹介している。

 

[ニュースソース]

Is Hybrid a Valid Pathway to Open Access? Publishers Argue Yes, in Response to Plan S ― Scholarly Kitchen 2019/02/19 (accessed 2019-02-20)

 

[小欄関連記事]

2019年02月15日 Plan Sガイダンスへのフィードバックのテーマまとめ(記事紹介)

2019年02月05日 Plan Sの要件を満たすジャーナルはごくわずか。人文社会科学系ジャーナルはわずか3%(記事紹介)

2019年01月24日 Plan S対策、出版社による「ミラージャーナル」発行とそれぞれの主張(記事紹介)