文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Universität Würzburg、古いフォントでも機械可読形式に変換できるソフトウェア’OCR4all’を開発
2019年04月26日 | ヨーロッパ

Universität Würzburgは、4月18日、'OCR4all'の開発を発表した。

 

'OCR4all'は、数世紀前の古いフォントで書かれた文書も機械可読な形式へ変換できるオープンソースソフトウェア。人文学とコンピューターサイエンス領域の研究者が協力し構築したもので、誤認識率は約1%以下だという。

 

なお、同ソフトウェアは、GitHubからダウンロードし自由に利用することができる。

 

[ニュースソース]

Modern Tool for Old Texts ― Universität Würzburg 2019/04/18 (accessed 2019-04-24)

 

[小欄関連記事]

2019年02月15日 EUが助成した研究者らの成果、手書き文書の自動反訳(文字起こし)技術(記事紹介)