文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

大幅に増加したWebアノテーションの利用。それを活用したサービスや機能を称賛する声も(記事紹介)
2019年05月27日 | ヨーロッパ

Nature誌は、5月6日、"Web annotation tool Hypothesis hits a milestone"と題する記事を公開した。Webアノテーションは、Webページに注釈やコメントを付ける機能で、Hypothesisはオープンソースソフトウェアツールを提供している。

 

本記事は、Hypothesis のWebアノテーションのコメントが500万を達成し、登録者数が増加している事実を紹介。

 

eLife、米国地球物理学連合、米国植物生物学会、ケンブリッジ大学出版局など出版社、学協会、教育機関が論文や編集プロセスにHypothesisのソフトウェアを統合していることや、このソフトウェアの機能を使った新たなサービスを概説している。

 

そのほかに、Hypothesis のWebアノテーションと同等以上のコメントシステムはこれまでになかったとするユーザーのコメントも紹介している。

 

[ニュースソース]

Web annotation tool Hypothesis hits a milestone ― Nature 2019/05/06 (accessed 2019-05-23)

 

[小欄関連記事]

2018年12月13日 BMC、Research Square社、Hypothesis、査読におけるアノテーションフィードバック推進のために提携

 

2018年11月08日 Hypothesis、Webアノテーション400万件を達成

 

2018年09月11日 Webアノテーションが普及していく理由(記事紹介)

 

2018年02月05日 eLIfe、オープン・アノテーション機能を導入