文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Clarivate Analytics社、GDPR施行1年後のブランド保護への影響を紹介(記事紹介)
2019年08月01日 | 北米・中南米

Clarivate Analytics社は、7月17日、「GDPRとブランド保護への影響:施行から1年後の状況」と題する記事を公開した。

 

本記事は、GDPR(一般データ保護規則)が2018年5月に施行され1年以上たった今、同社の企業向けオンラインブランド保護ソリューションMarkMonitorを中心に、ブランド保護への影響を分析したもの。

 

違法や有害コンテンツの作成者を特定するために使用していたWHOIS※データから、登録者の連絡先情報が削除された影響や、その対策などをまとめている。

 

※IPアドレスやドメイン名など、インターネットレジストリが管理するインターネット資源の登録情報を提供するサービス。

[ニュースソース]

GDPRとブランド保護への影響:施行から1年後の状況 ― Clarivate Analytics 2019/07/17 (accessed 2019-07-30)