文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

ハゲタカジャーナル撲滅のために。出版協会、助成機関など10か国43名による、ハゲタカジャーナルの定義作成の取り組み(記事紹介)

Nature誌は、12月11日、"Predatory journals: no definition, no defence"と題する記事を公開した。

 

本記事は、出版協会、助成機関、研究者、政策立案者などの10か国43名によるハゲタカジャーナルの定義を決める取り組みを紹介。

 

明確な定義のないことがハゲタカジャーナルの撲滅を妨げる一因だとし、12時間の議論などの末に合意に至ったハゲタカジャーナルの定義・詳細、合意までの過程、今後の課題などを示している。

 

[ニュースソース]

Predatory journals: no definition, no defence ― nature 2019/12/11 (accessed 2019-12-16)

 

[小欄関連記事]

2019年05月16日 NLMの品質管理に多少の懸念あり。学術コミュニティーの数人が指摘(記事紹介)