文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

KISTI、研究データプラットフォームサービスを本格的に開始したと発表
2020年01月15日 | アジア・オセアニア

韓国のKISTI(Korea Institute of Science and Technology Information、韓国科学技術情報研究院)は、12月16日、研究データプラットフォームサービスを本格的に開始したと発表した。

 

政府系研究所、大学などの機関で作成されたデータを登録、管理、検索、ダウンロードする機能などを備えた本プラットフォームは、2018年12月から試験サービスを開始。韓国の国家研究開発ポータルサイトNTIS(National Science and Technology Information Service)と連携させ、研究データを活用した研究課題を把握できるようにしたほか、研究データにDOIを付与しデータの活用や引用状況を追跡可能にしていた。

 

すでに本プラットフォームでは、国内のデータを扱う機関(GSDC、AI hub、韓国地質資源研究院など)、欧州のOpenAIRE(Open Access Infrastructure for Research in Europe)、オーストラリアのARDC (Australian Research Data Commons)と連携し、国内外の研究データを提供している。今後、韓国航空宇宙研究院など国内の機関および日本のNII(National Institute of Informatics、国立情報学研究所)とも連携していく予定だという。

 

[ニュースソース]

국가연구데이터플랫폼 정식 서비스 개시 ― KISTI 2019/12/16 (accessed 2020-01-08)

 

[小欄関連記事]

2018年12月25日 韓国のKISTI、研究データプラットフォームの試験サービスを開始すると発表