文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

第1回UN Open Science Conferenceの概要(記事紹介)

OpenAIREは、1月19日、"Open Science for the implementation of the UN 2030 Agenda"と題する記事を公開した。

 

本記事は、UN Dag Hammarskjöld Library とSPARC(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)が共同で、2019年11月19日にニューヨークのUN(United Nations、国際連合)本部で開催した"United Nations Open Science Conference"の概要を紹介。

 

オープンサイエンスとオープンリサーチに関する議論をグローバルレベルへと高め、 SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)におけるオープンサイエンスの役割を検討することを目的に、OpenAIRE、Hindawi社、LA Referencia、Scielo、AfricanLII ほか、若手研究者、図書館長や政策立案者が参加し、"Towards a Global Science Commons"をテーマに議論を行ったことなどを記している。

 

そのほか、「オープンサイエンスはSDGsを促進する」「公的資金による科学はオープンサイエンスであるべき」「SDGsの達成のためでなく、SDGsに示された人類の目標に向かって協働すべき」など全7項目についてコンセンサスを得たことや、"Roadmap to a Science Commons"の5原則を提案したことなども紹介している。

 

[ニュースソース]

Open Science for the implementation of the UN 2030 Agenda ― OpenAIRE 2020/01/19 (accessed 2020-01-20)