文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

COS、OSF Preprintsの機能や検索機能、メンテナンスコスト、料金表を公表
2020年02月04日 | 北米・中南米

COS(Center for Open Science)は、OSF Preprintsの機能や検索機能、メンテナンスコスト、料金表を公表した。

 

OSF Preprintsは、研究者のプロジェクトワークフロー、データストレージ、DOI管理などを支援する、COSが提供する旗艦プラットフォーム"OSF"上に構築されたプレプリントサーバー。

 

同プレプリントサーバーは、"PsyArXiv""AgriXiv""SocArXiv""engrXiv""LawArXiv"など多数の実績があること、"SHARE"を活用して"arXiv" "bioRxiv" "PeerJ" "CogPrints"など他のプレプリントサーバーからの検索結果を集約できること、Google Scholarにインデックスされることなど、製品の特徴を紹介している。

 

また、2019年に投稿された2万6,143件に対するメンテナンスコストは20万8,076ドル(一件当たり7.95ドル)。2020年は3万3,650件の新規投稿に対し22万9,225ドル(一件当たり6.81ドル)を見込んでおり、そこから算出した料金表を示している。

 

[ニュースソース]

OSF Preprints accelerates scholarly review, publishing and discovery. ― COS (accessed 2020-01-29)

 

[小欄関連記事]

2017年05月10日 Center for Open Science、オープンソース・プレプリントサービスにLawArXivを追加