文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

プレプリントサーバーの先行きに陰り?資金不足により”INA-Rxiv”は閉鎖。”ArabiXiv”や”AfricArxiv”なども継続困難か(記事紹介)

Nature誌は、2月13日、"Popular preprint servers face closure because of money troubles"と題する記事を公開した。

 

本記事は、プレプリント向けプラットフォームを提供するCOS(Center for Open Science)が利用料を2020年から課すことを受けて、インドネシアのローカルプレプリントサーバーINA-Rxivが資金不足により閉鎖することを紹介。同様にボランティアで運営されているArabiXiv、AfricArxiv、IndiaRxivなどの先行きも不透明であることを示している。一方、MarXiv、EarthArXivなどはCOSの利用を取りやめ、他のプラットフォームへの移行を考えているという。

 

INA-Rxivの立ち上げに関わった研究者やCOS関係者のコメントも紹介している。

 

[ニュースソース]

Popular preprint servers face closure because of money troubles ― Nature 2020/02/13 (accessed 2020-02-18)

 

[小欄関連記事]

2019年08月20日 インド初のプレプリントサーバー"IndiaRxiv"が始動

2018年06月28日 COSとAfricArXiv、プレプリントサービスを提供開始

2018年02月01日 Center for Open Science、プレプリントサービスArabixiv、Frenxivの提供を開始

2018年01月12日 インドネシアのプレプリントサーバー"INA-Rxiv"が始動

2017年11月22日 COS、地球科学のプレプリントサービスMarXivの提供を開始

2017年10月31日 COS、地球科学分野のEarthArXivを公開