文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

ALA、Macmillan社の図書館向けEブック販売のエンバーゴ廃止を歓迎
2020年03月24日 | 北米・中南米

ALA(American Library Association、米国図書館協会)は、3月17日、Macmillan社の図書館向けEブック販売のエンバーゴ廃止を歓迎する声明を発表した。

 

Macmillan社は、販売ポリシーを変更し、Eブック貸し出しにエンバーゴを設けたうえで図書館への基本販売価格の値上げを2019年11月に実施した。これに対し図書館やコンソーシアムが反発し購入の取りやめなど行っていた。

 

Macmillan社は販売モデルを2019年10月以前に戻すという。

 

[ニュースソース]

ALA welcomes cancellation of Macmillan embargo ― ALA 2020/03/17 (accessed 2020-03-19)

 

[小欄関連記事]

2020年01月24日 Macmillan社Eブックに対する「不買運動」に効果はあったのか(記事紹介)