文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

cOAlition S、“guidance on implementing price transparency”を公表
2020年05月20日 | ヨーロッパ

cOAlition Sは、5月18日、"guidance on implementing price transparency"を公表した。

 

本ガイダンスは、2022年7月以降に、出版社がcOAlition S参加機関からのOA出版助成を受けるための要件を示したもの。

 

本ガイダンスは、"Breakdown of Publication Services and Fees" (Fair Open Access Allianceが公表)あるいは "Plan S Price and Transparency Framework" (Information Power社が公表)のいずれかの枠組みに従って、ジャーナルの書誌に関するメタデータ(ジャーナル名、ISSNなど)、文脈メタデータ(採択率、発行頻度、査読回数)、価格に関するデータを提供した出版社にのみ出版助成を行うことなどを示している。

 

出版助成の範囲には、非APC(論文掲載料)ジャーナルもしくはプラットフォーム、APC、TA(Transformative Agreements、転換契約または移行契約)、TJ(Transformative Journal、転換ジャーナルもしくは移行ジャーナル)が含まれるという。

 

[ニュースソース]

cOAlition S announces price transparency requirements ― Plan S 2020/05/18 (accessed 2020-05-19)

Plan S Price Transparency Frameworks: guidance & requirements ― Plan S (accessed 2020-05-19)