文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Elsevier社とのビックディールを最近キャンセルした、米国の3機関の図書館員によるコメント(記事紹介)
2020年06月15日 | 北米・中南米

SPARCは、6月9日、"SPARC Debrief on Three Recent Big Deal Cancellations"と題する記事を公開した。

 

本記事は、最近、Elsevier社とのビックディールをキャンセルし、ジャーナルごとへの契約に変更したSUNY(State University of New York)、UNC(University of North Carolina)、ISU(Iowa State University、アイオワ州立大学)の図書館員のコメントを紹介したもの。

 

各機関が出版社との交渉において出版社へ要求した透明性、機関内で共有した「費用削減」「OA(オープンアクセス)実現」などの目標、意思決定に至るまでの過程、機関内の教職員向けに実施したジャーナル購読に関する情報共有や調査などの取り組み、キャンセルした場合の備えなどについて概説している。

 

[ニュースソース]

SPARC Debrief on Three Recent Big De​al Cancellations ― SPARC 2020/06/09 (accessed 2020-06-10)

 

[小欄関連記事]

2020年05月20日 米国・カナダの学術図書館によるビックディールの相次ぐ見直し。他の契約形態を模索する動きが活発化(記事紹介)

2020年05月07日 ISU、Elsevier社と複数年のパ​​ッケージ契約は結ばずジャーナル単位の講読契約を締結