文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

“arXiv.org”の歴史(記事紹介)
2020年07月31日 | 北米・中南米

Physics Centralは、7月28日、"arXiv-ing the History of Preprints in Physics"と題する記事を公開した。

 

本記事は、プレプリントサーバーの先駆けである"arXiv.org"の歴史をまとめたもの。


​APS(American Physical Society、米国物理学会)の当時の会長でSLAC(Stanford Linear Accelerator Center)の責任者であったBurton Richter氏が、現在のような論文の共有と公開を1993年に予見していたことや、Tim Berners-Lee氏によるWorld Wide Webの発明など、物理学者が学術論文の共有や流通に深くかかわってきたことを紹介。

 

1991年にJoanne Cohn氏が同僚にTeX形式のプレプリントをメールで流し始めたことがarXiv.orgの始まりであることや、Cohn氏の取り組みを聞いたGinsparg氏がオンラインリポジトリを構想・作成しarXiv.orgが誕生したこと、コスト(金銭的コストと機会コスト)面におけるarXiv.orgの貢献、プレプリントサーバーの長短所や現状などを示している。

 

[ニュースソース]

arXiv-ing the History of Prep​rints in Physics"― physics central 2020/07/28 (accessed 2020-07-30)