文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

NISTEP、「科学技術指標2020」を公表
2020年08月12日 | 日本

NISTEP(科学技術・学術政策研究所)は、8月7日、「科学技術指標2020」(調査資料-295)を公表した。

 

同指標は、科学技術活動を「研究開発費」「研究開発人材」「高等教育と科学技術人材」「研究開発のアウトプット」「科学技術とイノベーション」の5カテゴリーに分け、約170 の指標で日本および主要国の状況を表したもの。毎年公表されている。

 

その結果として、論文数(分数カウント法)では中国が初めて世界1位となったこと、しかし注目度の高い論文数(分数カウント)では米国が1位を保っていること、日本については研究開発費・研究者数は主要国(日米独仏英中韓の7か国)中3位、論文数は世界4位、注目度の高い論文数は世界9位だが、10年前・20年前と比べると注目度の高い論文数​の順位低下が顕著なことなどを示している。

 

科学技術指標2020(h​​tml

※以上、NISTEP (accessed 2020-08-11)

 

[ニュースソース]

科学技術指標2020[調査資料-​​295]の公表について ― NISTEP 2020/08/07 (accessed 2020-08-11)

 

[小欄関連記事]

2019年08月20日 NIS​TEP、「科学技術指標2019」および「科学研究のベンチマーキング2019」を公表