文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

出版社との契約交渉に活用できる “Unsub”の概要(記事紹介)
2020年09月07日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

SPARCは、9月2日、"Unsub Gives Libraries Powerful Evidence to Walk Away from Big Deals"と題する記事を公開した。

 

本記事は、非営利組織"Our Research"が開発した、データダッシュボードおよび予測ツール"Unsub"を紹介したもの。

 

本ツールが各機関におけるジャーナルの価値やコストを予測するなど、学術図書館のジャーナル契約交渉時の意思決定に役立つこと、2019年後半に本ツールを構築した際、北米の大学の間ですぐに関心が高まり、現在300以上の図書館が本ツールを利用していることなどを示している。

 

そのほか、本ツールは機関の規模に応じて年間500ドルから3,000ドルで利用できること、SUNY(State University of New York、ニューヨーク州立大学)の出版社との交渉における活用事例も紹介している。

 

[ニュースソース]

Unsub Gives Libraries Powerful Evide​nce to Walk Away from Big Deals ― SPARC 2020/09/02 (accessed 2020-09-03)

 

[小欄関連記事]

2020年06月15日 Elsevier社とのビックディールを最近キャンセルした、米国の3機関の図書館員によるコメント(記事紹介)